老化防止 好奇心

好奇心を持ち続けること

老化防止には、好奇心を持つことが大切です。

 

好奇心は、脳に刺激を与えます。昔は、人間の神経細胞は20歳を過ぎると一日に10万個という速度で死滅していくと言われていました。

 

しかし、最近では、脳の一部、海馬付近の神経細胞は、体が成熟した後も増殖することが解明されています。しかも、常に新しい情報を取り込むことで脳に適度な刺激を与えてやれば、減少するより増殖する神経細胞の数の方が多くなるというのです。
日頃から脳の神経細胞を増やす努力をして脳を活性化させ、老化防止に努めましょう。

 

羞恥心は好奇心を抑え込みます。羞恥心は心に鎧を着せ、わからないことを人に聞けなくなるものです。老化防止のためには、好奇心を全開にして、子供のように何でも疑問を感じたら素直に人に尋ねるくらいの柔軟な姿勢が理想です。昨日まで知らなかったことを知識として吸収することで、脳の細胞がどんどん活性化されます。

 

逆に、好奇心が薄れて何も新しい情報が外界から入ってこなくなると、増殖する神経細胞が殆どないので、神経細胞は減る一方です。そのため、脳の老化が急速に進行して、物忘れが激しくなったり、痴呆症の発症リスクが高まります。

 

いくら老化防止のためといっても、好奇心が高じてストレスが溜まってしまっては何にもなりません。山登りが趣味で百名山を登るのを目標とするのは良いことですが、体力に見合わない難易度の高い山登りをするのはストレスになります。ストレスは、老化の原因となる活性酸素が大量に発生させて老化を早めます。自分は人より好奇心が強いと思っている人は、好奇心のコントロールも心掛けましょう。

スポンサードリンク

好奇心を持ち続けること関連ページ

精神の老化防止
肉体の老化防止を考えることと同様に、精神の老化防止についても考えていかなければなりません。昔から「病は気から」と言いますが、「老化も気から」です。
恋をしよう!
恋愛は老化防止の特効薬です。恋愛は性ホルモンの分泌を活性化し、精神を高揚させます。いくつになっても恋をしていたいものですね。
趣味を持ち続けること
老化防止をすることにより、より良い人生を送ることが出来ます。当サイトでは老化防止について様々な情報をお伝えしています。
常に学び続けること
常に学び続けることにより、知的好奇心と喜びが脳を活性化させるため、若々しくいれることことができます。老化防止のためにも学び続ける心構えを持ち続けましょう。