老化防止 趣味

趣味や好きなことを持ち続けること

老化防止,趣味

趣味や好きなことがある人は、老化防止を日頃から実践していることになります。趣味や好きなことを行っている時、人はストレスから解放されて精神がリラックスした状態になります。老化防止のために、ストレス軽減は重要な課題です。

 

ストレス下にある体の中では、活性酸素が大量に発生して細胞のDNAを傷つけ、動脈硬化が進みます。活性酸素は老化防止の大敵で、あらゆる老化現象を誘発すると言われています。

 

ところが、現代生活はストレスだらけです。毎日の通勤電車や仕事上のプレッシャー、大気汚染に浮遊する放射性物質。ストレスのないところで暮らしていたら発生しない活性酸素が、大量に体内に生まれるのです。

 

趣味や好きなことをしている時、人は楽しいと感じます。
この楽しさが、ストレスを解消して活性酸素を減らす上で役立つのです。

 

趣味を続けていると、知りたいことや学びたいことが出てきます。新しいことを覚えることで、脳の神経細胞が活性化します。20歳を過ぎたら減りゆく一方と言われていた脳の神経細胞ですが、趣味を通じて新しい知識を貪欲に吸収することで、逆に神経細胞を増殖させることもできるのです。

 

定年を過ぎてから、家庭で濡れ落ち葉と呼ばれるような男性は、趣味も生きがいもなく、仕事一筋だった人が多いようです。そのような人は、外出するあてもなく、一日中テレビを点けたままにして観るともなく観ているという毎日。脳への刺激は殆どゼロ。このような暮らしを続けていれば、じきに痴呆の症状が現れかねません。

 

これからでも遅くありません。老化防止のために、何か趣味を探してみませんか。


スポンサードリンク

趣味を持ち続けること関連ページ

精神の老化防止
肉体の老化防止を考えることと同様に、精神の老化防止についても考えていかなければなりません。昔から「病は気から」と言いますが、「老化も気から」です。
恋をしよう!
恋愛は老化防止の特効薬です。恋愛は性ホルモンの分泌を活性化し、精神を高揚させます。いくつになっても恋をしていたいものですね。
好奇心を持ち続けること
好奇心を持ち続けることは脳を活性化させるため、老化防止にとても効果的です。
常に学び続けること
常に学び続けることにより、知的好奇心と喜びが脳を活性化させるため、若々しくいれることことができます。老化防止のためにも学び続ける心構えを持ち続けましょう。